みどり病院臨床研修病院群 プログラム

みどり病院の研修理念

①患者中心の医療を実践し、特定の臓器に偏らず、全身を診ることができる医師を養成する。

②高齢者や社会的・経済的弱者について深い理解があり、地域の健康維持・増進に役立てることができる医師を育成する。

③患者さん、地域の方々、職員とともに学び、育ちあうことができる医師を育成する。

プログラムの名称

岐阜勤労者医療協会みどり病院 初期臨床研修プログラム6

臨床研修の理念

 みどり病院は、岐阜市北東部、関市南西部、各務原市北西部を中心に地域に根ざした中小病院で、臓器別内科ではない総合的内科と外科・小児科が力を合わせて地域医療に取り組みます。内科(急性疾患・慢性疾患)・外科(一般外科など)・小児科(急性疾患・慢性疾患)と救急医療、在宅訪問診療など地域で求められる医療を展開します。また、高齢者を中心とした多彩な健康問題を扱い、さらに経済的困難など背景に社会的な問題のあるケースにも取り組みます。このようにして2年後には「患者中心の医療を実践し、特定の臓器に偏らず、全身を見ることができる」「高齢者や社会的・経済的弱者について深い理解があり、地域の健康維持・増進に役立てることができる」医師を育成します。

臨床研修の目標

1)患者中心の医療を実践できること。様々な患者・家族と良好なコミュニケーションを行い、心理・社会・臨床倫理的な問題解決を含めた全人的医療を修得する。

2)正しく病歴聴取・身体診察・基本手技ができること。全ての臨床医に求められる基本的臨床能力(知識・技能・態度)を身につける。

3)プライマリ・ケアを経験・理解すること。急性期治療・救命救急・慢性疾患管理・在宅医療・リハビリテーション・終末期医療等の対応の基本を経験し理解する。

4)患者・地域住民の生活背景への洞察力と、医療制度・社会資源の活用を含めた適切な対応力を身につける。

5)生涯学習につながる自己学習能力を身につけること。将来の専門研修、生涯学習に必要な基礎的態度・知識・技能を身につける。

6)研修医が自ら勉強し、EBMも実践し考えることができること。診療記録の作成管理、症例報告まとめに習熟し、併せて、学術的研究への向上心を身につける。

7)次世代の指導医になること。多職種スタッフによるチーム医療において求められる協調性とリーダーシップを身につける。

プログラムの特色

当院は、研修医の臨床医としての成長と次世代の卒後研修の発展のため、全医局員、全職員、地域の共同組織構成員が一丸となり内容の充実を図っていきたいと念願している。

1)内科8ヶ月、救急3ヶ月、地域医療1ヶ月の必修科目と外科・麻酔科、小児科、産婦人科、精神科の選択必修科目各々1ヶ月のローテートと8ヶ月の選択科目のローテートからなり、協力型病院・協力施設と連携して研修を行う。

2)初め1ヶ月は導入研修期間とする。他部門職種のオリエンテーションと体験研修を通して、各部門の業務・役割の理解と、職員間のコミュニケーションづくりを図る。徐々に内科病棟での研修に移行し、診察・手技・検査等の指導を受ける。

3)訪問診療(往診)や診療所、健診での診察に従事する。患者会活動、班会活動、介護・健康講座などを通じて、地域住民とともにつくる健康増進の取り組みに直接参加する。

4)患者の権利を守る立場を貫き、他の医療スタッフとともに、患者中心の医療を行う。

5)外来・救急など総合的能力の養成を目指して、軽症を含め幅広く診るため、1年目から段階的に外来研修する。

6)「到達目標」を達成するために、選択科目に必修科目・選択必修科目・その他科目を組み入れて選択可能として研修を行います。

7)臨床病理検討会(CPC)は、みどり病院に病理医を招聘して開催します。

募集定員

病院群として、1年次あたり2名を定員とする。

研修指導体制

1)研修管理委員会の構成と研修協力病院及び研修協力施設の研修実施責任者

  委員長  松井 一樹 (みどり病院院長)
  委 員  西尾 大樹 (プログラム責任者)
  委 員  横山 道江 (すこやか診療所所長、研修責任者)
  委 員  天野 宏一 (各務原病院 研修責任者)
  委 員  近藤 英明 (東海中央病院 研修責任者)
  委 員  諏訪 和志 (総合病院南生協病院 研修責任者)
  委 員  尾関 俊紀 (協立総合病院 研修責任者)
  委 員  直原 修一 (岐阜県総合医療センター 研修責任者)
  委 員  永松 孝志 (吉田病院 研修責任者)
  委 員  吉村 学  (揖斐郡北西部地域医療センター)
  委 員  近藤 知己 (北病院 研修責任者)
  委 員  久野 保夫 (小児循環器クリニック・くの小児科)
  委 員  加藤 隆治 (かとうマタニティークリニック)
  委 員  森  逸冶 (こがねだ診療所) 
  委 員  青木 敏之 (華陽診療所)
  委 員  柄澤 正人 (しずさと診療所)
  委 員  竹村 洋典 (三重大学医学部附属病院)
  委 員  土井 昭則 (岐阜勤労者医療協会理事)
  委 員  森 久子  (みどり病院看護部長)
  委 員  山田 二郎
  事務局  大橋 正和 (みどり病院医局事務部長)

2)責任者
研修管理委員会委員長(総括責任者) 病院 院長      松井 一樹
研修実施責任者           病院 院長      松井 一樹
プログラム責任者          病院 研修指導医長  西尾 大樹

3)主治医の下での担当医制がベース。少人数での教育
  各研修医が病棟の受持ち患者1〜5名をバランスよく受け持つよう配慮し、各指導医
  は研修医1〜3人を担当する。指導医は、卒後7年目以上。3〜4年目研修医が1年目研修医のアドバイザーとなる。

4)定期的な勉強会
① 症例検討会を週1回実施。
② 抄読会を週1回実施。
③ 「臨床病理検討会(CPC)」は、協力型病院から病理指導医を招聘してみどり病院で開催します。
  また、経験や見聞を広めるために、岐阜大学医学部附属病院、南生協病院、協立総合病院で開催されるものにも参加します。
④ 名古屋大学医学部付属病院総合診療部カンファレンスに参加する。
⑤ 長良医療センターの胸部疾患カンファレンスに参加する。

5)毎月「研修自己評価表」を記入
 研修医毎に一ヵ月を振り返り、研修課題、症例、感情面・コミュニケーション面など
 の悩みなどをまとめ、率直に相談する機会とする。指導医に提出し、振り返り時に使用。

6)毎月「研修指導委員会」を開催
 各科指導医・研修医が一同に集まり、指導上の問題解決や、研修医共通の要望について協
 議する。
 【研修指導委員会】
  委員長  西尾 大樹   研修プログラム責任者、研修実施責任者 
  委 員  松井 一樹     研修管理委員長            
  委 員  岩井 雄司     内科医
  委 員  太田 淳      外科医
  委 員  森 久子      総看護部長
  委 員  小林 正則     薬剤部長
  委 員  山田 二郎     事務長
  事務局  大橋 正和     医局事務部長

7)北陸東海民主医療機関連合会の「研修医会」「レジデント会」
 他病院で研修する同期の研修医による「研修医会」や、6年目以内による「レジデント会」を開催。親睦交流を図りつつ、自主的な研修会企画などに取り組む。各種学会・講習会への参加を援助。

専門医(認定医)教育病院等学会の指定状況

・日本内科学会認定内科教育関連病院申請中
・日本アレルギー学会準認定教育関連施設

週間スケジュール(例)

ローテート・スケジュール(例)