民医連とは

はじめに

「いつでも、どこでも、だれでもが安心してよい医療と福祉を受けられるために」

 岐阜民医連(岐阜県民主医療機関連合会)の医療活動は、1969年岐阜市南部に華陽診療所の設立からはじまりました。当時、生活保護受給者や結核患者の多かったこの地域で、「誰もが安心してかかれる診療所を」を合言葉に地域の方々がお金を出し合い診療所つくりがすすめられました。そうした中で多くの方々が岐阜民医連の医療活動に共感し、地域の人々と力をあわせて活動を発展させてきました。
 私たちの医療活動の理念「いつでも、どこでも、だれでもが安心してうけられるよい医療・福祉」を実現させることを根底として、住み慣れた地域で健康に暮らしていくことを望む住民の健康管理などの医療活動、介護・福祉、予防活動に取り組んでいます。
 高齢化の進んだ地域を支えるために、早い時期から訪問医療(往診)や訪問看護などの在宅医療も充実させてきました。また、慢性疾患の方の健康管理を医療者だけでなく、同じ患者同士で患者会を作ってささえあうなどの援助も行っています。
 地域の方々と「共に」運営をしてゆくことで医療・福祉の「平等」を実現しようとしています。
 今もなお、「みどり病院」ではいわゆる入院時の「個室料金(差額ベット料)」はいただいていません。命がお金で区別されることのない社会を私たち「民医連」加盟事業所は目指しているのです。


岐阜民医連の歴史

岐阜民医連の歴史

華陽診療所開設時

開設時の華陽診療所

華陽診療所2

2回目の新築時 胃カメラなど各種検査もできるようになった

今の華陽診療所

現在の華陽診療所 デイサービスセンターも併設

民医連網領

民医連パンフ

 私たちは「全日本民主医療機関連合会」(略:民医連)に加盟しています。
 民医連では「綱領」を定めており、この理念に沿った医療・福祉活動を求めています。
 常に現場ではこの理念に立ち返り、患者さん、利用者さんの為にどのような援助ができるのかを考えています。

*左の画像をクリックしていただくと、民医連を紹介するパンフレットをPDF形式にてご覧いただけます。
民医連の歴史からその理念までを解説していますので是非ご覧ください。