みどり病院は、2011年より全日本民主医療機関連合会(以下、全日本民医連)が取り組む「民医連QI事業」に参加しています。これは医療の質を「見える化」する取り組みであり、様々なデータを分析することで、医療の質の改善と医療安全の向上を目指しています。

糖尿病患者さんの血糖コントロール状態を示す指標です。より高い値を目指すために、運動療法や食事療法の指導と適切な薬物療法の実施が必要であり、これらを改善することによって、診療の質の向上を目指します。

当院での糖尿病の患者の血糖コントロール A)HbA1Cが<7.4%とB)HbA1Cが<6.9%

HbA1C<7.4%の割合は、2012年72%、2013年75%と上昇した。また、HbA1C<6.9%の割合は2012年54.9%、2013年75.4%と上昇した。要因としては、①主治医への栄養指導お勧めコメント代行入力、②新規登録患者を対象に、センターで栄養指導をお勧めなどの取り組みの成果か?

全日本民医連との比較(2013年)